MENU

ハイフに効果的な頻度はどのくらい?エステとクリニックの違いを解説

顔のたるみからほうれい線の改善まで、幅広いアンチエイジング効果が期待できるハイフ施術

別名切らないリフトアップとも呼ばれ、手軽に施術を受けられることから注目を集めています。

しかし、気になるのは、ハイフ施術に通う頻度

ハイフの施術料金は決して安くないため、効果の持続期間施術に通う頻度が気になりますね。

そこで今回は、ハイフ施術における効果の持続期間や最適な施術頻度について、詳しく紹介。

エステとクリニックで頻度が異なる理由も解説しますので、ぜひハイフ施術の頻度に関する疑問解消してください。

この記事で紹介する概要
  • ハイフ施術で期待出来る効果
  • ハイフの効果が持続する期間
  • 適切なハイフの頻度
  • ハイフ施術の流れ
  • ハイフ施術でおすすめのクリニック3選
  • ハイフの頻度に関するよくある疑問・質問
TOC

そもそもハイフとは?施術で期待出来る効果

ハイフ頻度とは

ハイフ(HIFU)とは、正式名称である「High Intensity Focused Ultrasound」の頭文字のみをとって省略した用語のこと。

日本語では「高密度焦点式超音波」と訳され、超音波を1点に集中させて熱を発生させる技術のことを指します。

超音波自体は超音波(エコー)検査として医療現場で幅広く取り入れられており、体に悪い影響はありません。

タンパク質でできた人間のお肌の特長は、熱ダメージを受けるとぎゅっと縮んで引き締まること。

ハイフはこのような性質を活用し、年齢とともにたるみやすいSMAS筋膜に熱ダメージを与えて引き締めたり、気になる部位の脂肪細胞に熱ダメージを与えて部分痩せしたりすることができます。

ハイフで期待できる主な効果
  • 顔のたるみの改善
  • ほうれい線の改善
  • 二重あごの改善
  • フェイスラインの引き締め
  • 小顔効果
  • 肌のハリ・弾力アップ
  • 二の腕やウエストなどの部分痩せ

顔のハイフの効果はいつから出る?効果の持続期間

ハイフ頻度効果時間

ハイフによる施術効果がある程度理解出来たら、その効果が「いつからいつまで」実感できるのか気になりますね。

そこでここからは、ハイフの施術による効果の持続期間についてご紹介していきましょう。

効果の持続期間は「顔」と「体」で異なります。

ハイフ施術の効果の持続期間
  • 顔(フェイス)に対する効果
  • 体(ボディ)に対する効果

顔(フェイス)に対する効果

顔に対するハイフの施術で最も人気が高いのは、たるみを改善する施術。

結論から先に言えば、顔のたるみ改善効果は6ヶ月~1年間程度持続します。

ところで、顔のたるみは肌のどの層(深さ)で発生しているのでしょうか?

実はお肌は、肌表面から表皮・真皮・皮下組織と呼ばれる3層に別れていて、この3層をSMAS筋膜と呼ばれる層がさらに下から支えています。

年齢とともに現れるたるみの主な要因は、お肌の深くにあるSMAS筋膜がゆるんでしまうこと。

ハイフ施術は、肌の奥深くにあるSMAS筋膜を狙ってを発生させ、SMAS筋膜をぎゅっと引き締めることでたるみを改善します。

たるみの改善効果を実感できるのは、SMAS筋膜が熱ダメージを受けた施術直後から。

その後お肌は、およそ1~3ヶ月程度かけて熱ダメージを受けた肌を修復していきます。

この肌の修復期間に肌内部で作られているのが、コラーゲンや呼ばれる美容成分。

コラーゲンには肌のハリや弾力をアップさせる役割があるため、リフトアップ効果が増すと同時に肌質の変化を実感できるようになります。

コラーゲンの分泌量が増え始めるのは施術から約1箇月 経過したタイミング。そしてピークを迎えるのはおよそ3ヶ月後になります。

その後は徐々に減少していくため、ハイフ施術の効果は施術後1~3ヶ月に最も感じやすく、その後6ヶ月~1年かけてその感覚は徐々に減少していきます。

体(ボディ)に対する効果

顔(フェイス)に対するハイフ施術はたるみやしわなどの肌質改善が主な目的ですが、体(ボディ)に対するハイフの施術は、部分痩せが主な目的になります。

体(ボディ)の施術において熱ダメージを与えるのは、SMAS筋膜ではなく脂肪細胞

体(ボディ)では脂肪細胞に熱ダメージを与えることで脂肪細胞の膜を破壊し、老廃物として体外に排出させます。

脂肪細胞が体外へ排出されるのは、施術からおよそ2~3週間経過した時期。

痩身による効果を実感し始めるのも、この時期になります。

ハイフによる痩身施術の特徴はリバウンドしにくいこと。

ハイフで施術した後は、その箇所に新しく脂肪がつかない限りその効果は持続します。

小顔効果を得たい!適切なハイフの頻度はどのくらい?

ハイフ頻度どのくらい

ハイフの施術を一度受けたら、2回目以降はどの程度の頻度施術間隔で通えばいいのでしょうか?

ここからは、適切なハイフの頻度について体に分けてご紹介していきます。

※【注意!】適切な頻度はクリニックの導入する機器や効果の感じ方によって個人差があります。ご紹介する頻度はあくまでハイフの仕組みから見た目安として参考にしてください。

適切なハイフの頻度
  • 顔(フェイス)に対する頻度
  • 体(ボディ)に対する頻度

顔(フェイス)に対する頻度

上記でご紹介した通り、顔のたるみに関する施術効果は1~3ヶ月でピークを迎え、6ヶ月~1年かけて減少していきます。

このため、たった一度の施術でも十分にたるみ改善効果が期待できますが、その効果を今後も安定して持続させるためには、3ヶ月~6ヶ月に一度の頻度で施術を受ける必要があります。

体(ボディ)に対する頻度

上記でもご紹介した通り、体(ボディ)に対するハイフ施術の効果を実感できるのは、脂肪が体外に排出されはじめる施術から2~3週間後のタイミング

その後は新たに脂肪がつかない限り痩身効果が持続するため、ハイフによる痩身施術はたった1回でも十分に効果が期待できます

さらに同じ箇所を痩せたい場合、十分に脂肪細胞が体外に排出されてから施術を受けるのがおすすめ。

ハイフの効果を最大限引き出すには、少なくとも1~2ヶ月程度施術間隔を空けてから再度施術を受けるのが望ましくなります。

ハイフ施術の流れ

ハイフ頻度流れ

ハイフの施術における基本的な流れは次の通りです。

施術の流れ
  • STEP①:受付
  • STEP②:カウンセリング&診察
  • STEP③:洗顔
  • STEP④:施術
  • STEP⑤:アフターケア&メイク直し
  • STEP⑥:会計後帰宅

施術は施術予約時間に店舗に行き、受付を済ませるところから始まります(STEP①)。

その後はカウンセリングで、肌の悩みや希望を相談(STEP②)。

ハイフの施術をしても問題ないかどうか、医師の診察も同時に行われます(STEP②)。

施術を希望する場合は、その後施術準備へ(STEP③)。

事前に洗顔を済ませてから施術を開始します(STEP④)。

施術終了後はパウダールームでメイク直し(STEP⑤)をして、そのまま帰宅できます(STEP⑥)。

ハイフの効果を実感したい!おすすめのクリニック3選

ハイフ頻度クリニック

いざハイフの施術を受けたいと感じたら、どのクリニックを選べばよいか迷ってしまいますね。

ここからは、多くの女性から選ばれている人気のクリニックを3社ご紹介します。

ハイフ施術おすすめのクリニック3選
  • 湘南美容クリニック
  • 品川美容外科・品川スキンクリニック
  • TCB東京中央美容外科

湘南美容クリニック


湘南美容クリニックは、全国100院以上展開する日本最大級の美容クリニック

都市部から地方まで店舗があるため、通いやすいことがメリットです。

さらに湘南美容クリニックはハイフの施術実績29万件以上

多くの施術を手がけているため、高い技術力による施術が期待出来ます。
院情報
全国100院以上
(北海道・東北・東京・関東・中部・関西
・中国・四国・九州・沖縄)
施術料金例
・(あご下含む)全顔:29,800円(650ショット)(施術1回)
・全顔+首:39,800円(830ショット)(施術1回)
・(目元のぞく)頬・あご下:24,000円(410ショット)(施術1回)
ハイフ機器
ウルトラセルQ+
施術の頻度
3ヶ月~6ヶ月に一度
カウンセリング料金
無料

品川美容外科・品川スキンクリニック


品川美容外科は創業34年の歴史のあるクリニック。
美容外科と美容皮膚科があり、どちらでもハイフの施術を受けることができます。

品川美容外科・品川スキンクリニックのハイフ施術の特徴は、複数の機器から自分にあったハイフ機器を選べること。

機器によって得意分野が異なるため、医師や看護師と相談して決めるのがおすすめです。

院情報 全国37院以上

・品川美容外科:

(札幌院・仙台院・品川本院・新宿院・渋谷院・池袋院

・銀座院・上野院・横浜院・大宮院・千葉院・梅田院・

心斎橋院・岡山院・福岡院)

・品川スキンクリニック:

(札幌院・品川本院・表参道院・池袋院・

銀座院・上野院・

立川院・大宮院・宇都宮院・千葉院・新潟院・

梅田院・京都院・神戸院・岡山院・広島院

・福岡院・鹿児島院・熊本院・沖縄院)

施術料金例 ・第3世代タイタン:

┗顔全体(660ショット):29,800円(施術1回)

┗顔全体+首(830ショット):39,800円(施術1回)

┗あご下(70ショット):16,500円(施術1回)

・ソノクイーン:

┗顔全体(340ショット):44,000円(施術1回)

┗あご下(60ショット):16,500円(施術1回)

ハイフ機器 ・第3世代タイタン

・ソノクイーン

・ダブロゴールド(一部の院のみ)

施術の頻度 3ヶ月~6ヶ月に一度
カウンセリング料金 無料

TCB東京中央美容外科

 

この投稿をInstagramで見る

 

MayuOhya⚓️(@mayuohya)がシェアした投稿


TCB東京中央美容外科は全国55院展開する大手美容クリニック

美容整形のほかハイフなど照射系の施術も幅広く提供しており、肌悩みにあった施術が選択できます。

TCB東京中央美容外科が導入するハイフ機器ソノクイーンは、肌の奥にあるSMAS筋膜から脂肪層、真皮までトリプル照射ができることが特徴。

幅広い層にアプローチすることで引き締め効果を高めます。

ハイフの施術実績22.8万人と多く、安定した施術が期待出来ます。

TCB東京中央美容外科
院情報 全国55院展開

・都内:

(新宿3丁目・新宿東口・高田馬場・池袋東口:池袋西口

・銀座有楽町・銀座2丁目:秋葉原・渋谷西口・渋谷東口

・中野・世田谷・町田・上野・立川・八王子・品川)

・関東:

(横浜駅前・横浜西口・新横浜・大宮・宇都宮・水戸・川口

・千葉・柏・川越・川崎・高崎)

・北海道:

(札幌)

・東北:

(仙台/福島/郡山)

・東海:

(名古屋栄・名古屋駅前・浜松・静岡)

・関西:

(梅田大阪駅前・堺・梅田茶屋町・心斎橋筋・心斎橋御堂筋

・江坂・枚方・天王寺・京都駅前・神戸・姫路)

・中国:

(岡山・広島)

・九州

(福岡天神・福岡博多・小倉・鹿児島・熊本)

施術料金例 ・顔全体(スタンダードプラン):24,800円(施術1回)※額・目周辺のぞく

・顔全体(ウルトラプラスプラン):71,100円(施術1回)

※額・目周辺のぞく

・顔全体(ウルトラプラスプレミアムプラン):91,500円(施術1回)

※額・目周辺のぞく

ハイフ機器 ソノクイーン
施術の頻度 4ヶ月~6ヶ月に一度
カウンセリング料金 無料

ハイフ施術の頻度に関するよくある疑問・質問

ハイフ頻度よくある質問

ここからは、ハイフ施術の頻度についてよくある疑問や質問に回答していきましょう。

今回ご紹介する疑問や質問内容は以下の通りです。

ハイフ施術の頻度に関するよくある疑問・質問
  • 早く効果を実感するために1週間に一度ハイフの施術に通うことは出来ますか?
  • ハイフの施術でやめておいたほうがいい頻度はありますか?
  • サロンとクリニックでハイフの頻度に違うのはなぜですか?
  • 顔と体でハイフの施術頻度が違うのはなぜですか?
  • ハイフはたった1回の施術でも効果を実感出来ますか?
  • ハイフ施術後副作用はどの程度の期間出ることがありますか?
  • 大手美容外科を検討中ですが湘南美容クリニックのハイフの施術頻度はどのくらいですか
  • 大事な予定の前にハイフを受ける場合は何日前の施術がよいですか?

早く効果を実感するために1週間に一度ハイフの施術に通うことは出来ますか?

中には、早く効果を実感するために、短い施術間隔で施術に通いたいと考える方もいます。

しかし、上記でご紹介した通り、顔に対する効果を実感できるのはおよそ施術から1箇月経過してから。

体に対する効果を実感できるのも2週間以上たってからのタイミングになります。

1週間に一度の頻度で施術を受けるということは、効果が発揮される前に施術を受けるということ。

この通い方は一見即効性があるように感じますが、実際には期待通りの効果は得られず、お金も無駄になってしまいます。

ハイフ施術の効果を十分に引き出すには、何よりも適切な頻度で通うことが大切になります。

ハイフの施術でやめておいたほうがいい頻度はありますか?

ハイフの施術頻度を考える上で大切になるのは、効果を実感できるまでのタイムラグ持続期間

効果を実感する前に次の施術を受けてもあまり意味がありませんし、一方期間が空きすぎるとハイフ施術の効果が減少してしまいます。

このため、1週間に一度または2週間に一度のといった施術間隔が短すぎる頻度は、やめておいたほうがいいでしょう。

ハイフの施術効果を持続するために適しているのは、ちょうどハイフの施術効果が途切れる前のタイミング

このタイミングで施術を受けておけば、常に最善の状態の肌をキープし続けることができます。

サロンとクリニックでハイフの頻度に違うのはなぜですか?

サロンでもクリニックでも提供されている ハイフ(HIFU)の施術。

肌の奥深くに熱を発生させるというハイフ(HIFU)の原理共通ですが、実は出力大きな違いがあります。

その理由は、ハイフ(HIFU)が肌の奥深くに働きかける施術のため。

ハイフ自体は安全な施術ですが、施術を誤れば火傷に発展したり神経障害が残るリスクがあります。

医療機関ではないサロンで提供されるハイフ施術の出力は控えめ。

出力が低い分効果も弱く、持続期間も短くなります。

サロンでハイフの施術を受ける場合、クリニックと比べると施術頻度が多くなることを知っておきましょう。

  クリニックにおける

ハイフ施術の頻度の目安

サロンにおける

ハイフ施術の頻度の目安

(フェイス) 3~6箇月に一度 1~2箇月に一度
(ボディ) 1~2箇月に一度 2週間~1箇月に一度

顔と体でハイフの施術頻度が違うのはなぜですか?

顔と体では、熱エネルギーを与える層(深さ)や効果の持続期間が異なるためです。

顔のたるみ改善は主に肌の奥にある SMAS筋膜に熱ダメージを与えますが、体の痩身は痩せたい箇所の脂肪細胞に熱ダメージを与えます。

熱ダメージを与える深さが異なると、施術後の効果の持続時間も変わってます。

顔のたるみ改善で効果を実感しやすいのは施術からおよそ1~3ヶ月後 。一方、体の痩身は 2~3週間後と顔よりも早い時点で効果を実感できます。

効果の感じ方には個人差がありますが、このような顔と体の違いが頻度の違いに影響していると言えます。

ハイフはたった1回の施術でも効果を実感出来ますか?

ハイフはたった 1回の施術でも効果を実感することができます

顔と体どちらも効果が期待できるので、1度体験してみた上で今後継続するかどうか検討してみるのも一つの方法です。

ハイフ施術後副作用はどの程度の期間出ることがありますか?

ハイフは肌の奥だけを狙って熱を発生させるため、肌表面に副作用が出ることはほぼありません

施術後に肌にうっすら赤みが出ることやむくみが出ることがありますが、数日から1週間程度でおさまることがほとんどです。

大手美容外科を検討中ですが湘南美容クリニックのハイフの施術頻度はどのくらいですか?

湘南美容クリニックのハイフ施術の頻度も一般的なハイフの頻度の目安と同様、 3ヶ月~半年に一度の頻度となっています。

たるみ改善目的で湘南美容クリニックに通う場合、1年に2~4回 施術を受けることになります。

大事な予定の前にハイフを受ける場合は何日前の施術がよいですか?

顔のたるみ改善の施術を受ける場合、効果を一番実感しやすいのは施術1箇月後 くらいのタイミング

この時期はコラーゲンが増加するため、たるみの改善に加え、お肌のハリや弾力がUPした状態でその日を迎えることができます。

大切な予定から逆算して1箇月前のタイミングで施術を受けておくのをおすすめします。

ハイフに効果的な頻度 まとめ

ハイフ頻度まとめ

この記事のまとめ
  • 顔のたるみ改善における医療ハイフの適切な施術頻度は3~6ヶ月に一度
  • 体(ボディ)に対するハイフの施術頻度の目安は1~2ヶ月に一度
  • 1週間に一度ハイフの施術に通っても期待した効果は得られない
  • エステのハイフ施術は出力が低い分通う頻度が多い
  • 大事な予定に合わせるなら1か月前の施術がおすすめ

いかがでしたか?今回は人気のハイフ施術における効果的な頻度についてご紹介しました。

ハイフの施術において肌の引き締め効果が期待できるのは、施術直後

その後も1箇月以上かけてコラーゲンが増加するため、施術から1か月後以降はさらに肌の引き締まり、肌のハリや弾力もアップしていきます。

ハイフの効果を最大限引き出すために大切なのは、適切な頻度で施術を受けること。

効果が途切れる時期を見越して 3~6ヶ月に一度施術を受ければ、常に良い肌の状態をキープすることができます。

最もハイフの効果を実感しやすいのは、施術から1箇月程度経過したタイミング

ぜひ大切な日特別な日に合わせて、ハイフの施術を受けてみてください。

Let's share this post!

Author of this article

TOC
閉じる