医学生・医療従事者向けに刊行物を出版しています。『KOKUTAI FREE』やコンパクトナビシリーズ、『解剖トレーニングノート』などを発行しています。

KOKUTAI FREE No.04画像診断Quiz正解

  • HOME »
  • KOKUTAI FREE No.04画像診断Quiz正解

KOKUTAI FREE No.4画像診断Quiz(p.15)解説

診断名:虫垂炎/虫垂周囲炎 appendicitis/periappendicitis

【画像所見】
右下腹部、回盲部に低吸収の腫瘤性陰影(黄→)があります。腫瘤の一部には石灰化があり(赤→)、腫瘤周囲の腹腔脂肪織には、索状の濃度上昇を認めます。
quiz17spring
【鑑別診断】
回盲部腫瘤性病変の鑑別診断です。腫瘍とすれば結腸癌、急性炎症なら虫垂炎、憩室炎、慢性炎症として腸結核、Crohn病などが挙げられます。この症例は、急性炎症の経過を示していることから、急性虫垂炎あるいは憩室炎をまず考えます。
虫垂炎のCTでは、肥厚した虫垂が盲腸に連続する細長い構造あるいは腫瘤状に認められます。虫垂炎およびその合併症としての虫垂周囲炎が最も考えられます。石灰化は,虫垂結石の所見です。結腸憩室は、欧米人では左側に多いので「左側の虫垂炎」(left-sided appendicitis) とも呼ばれますが、日本人の憩室は右側結腸に多いので、鑑別が難しいこともあります。しかしこの症例では回盲部の内下方に病変があること、結石があることから、やはりまず虫垂炎を考えます。
(慶應義塾大学病院 予防医療センター 百島祐貴)

プレゼント当選者には個別にご連絡させていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

PAGETOP
Copyright © "医学教育出版社" All Rights Reserved.