医学生・医療従事者向けに刊行物を出版しています。『KOKUTAI FREE』やコンパクトナビシリーズ、『解剖トレーニングノート』などを発行しています。
正誤表
  • HOME »
  • 正誤表 »
  • 新・病態生理できった内科学7 神経疾患

新・病態生理できった内科学7 神経疾患

第3版第1刷

項目
88 図82のタイトル 下直筋で内下方へ回転させる 上斜筋で内下方へ回転させる
103 e.舌咽神経・迷走神経障害の原因、多発性硬化症の説明 「純粋な運動神経で~分かれます。」を削除 「純粋な運動神経で~分かれます。」の文章は、p.104の「8 副神経(XI)」の最初に入ります。
200 図199右上 発生部位:側頭葉 発生部位:後頭葉

2013年3月4日現在

第2版第1刷

54 a. 筋の長さの調節 (右段3行目) 図44の赤い線だけを… 図44の青い線だけを…
194 図195 血腫の形状を右図に差し替え 硬膜下血腫
303 図262のタイトル 脳腫瘍のT1強調画像 脳膿瘍のT1強調画像

第1版第1刷

項目
V.症候論
A.意識障害
a.意識障害の進行 b.意識障害の進行
ix II.脳腫瘍 A.総論 a.MRI d.MRI
x V.末梢神経障害 B.各論 a.尿毒症性ニューロパチー b.尿毒症性ニューロパチー
46 d.感覚神経の障害部位とその徴候 (8)左右の腸骨後 (8)左右の腸骨稜
80 図70のタイトル 臭神経 嗅神経
84 (4)色素沈着 神経疾患との関連する場合もあり、例えばミトコンドリア脳筋症のひとつである。Kearns-Sayre症候群(KSS)は外眼圧麻酔と網膜色素変性症、心伝導障害を三主徴としています。 神経疾患と関連する場合もあり、例えば、ミトコンドリア脳筋症のひとつであるKearns-Sayre症候群(KSS)は、外眼筋麻痺と網膜色素変性症、心伝導障害を三主徴としています。
109 a.失語 表13 表13
113 b.視床下部の障害 1)尿崩症 ADHの分泌低下による多尿と多飲が特徴的。 ADH分泌低下により生じます。多尿と多飲が特徴的。
120 a.Wallenberg症候群反対側:
(1)頸部以下の温痛覚障害 原因
( 役割は椎骨動脈の閉塞です) ( 約7割は椎骨動脈の閉塞です)
195 脳腫瘍の種類と発生(3) 小児での原発性脳腫瘍の発生頻度 神経膠腫 神経膠腫(髄芽腫が最も多い)
195 脳腫瘍の種類と発生
(3) 小児での原発性脳腫瘍の発生頻度
生殖細胞腫、髄芽腫 生殖細胞腫
203 b.Alzheimer病
1)病理 ●大脳の萎縮
顆粒空砲変性 顆粒空胞変性
211 3)脳炎後パーキンソニズム 脳炎後パーキンソニズムのには、 脳炎後パーキンソニズムには、
214 k.Wilson病 2)疫学 蛋白(銅輸送ATPase)輸送ATPaseをATP7Bとよびます。 蛋白(銅輸送ATPase)をATP7Bとよびます。
218 b.オリーブ橋小脳萎縮症
1)概念 (3)症状
「をのちに呈することがあります。」を(iii)(iv)の位置へ下げる
226 メチオニンの構造 SH S
228 (1)上位運動ニューロンの変性 *痙性脊髄酔 *痙性脊髄麻痺
240 a.失語 表13 表13
109 5.Krabbe病 c.症状 麻痺も頻発するようになります。 けいれんも頻発するようになります。
281 図244のタイトル 欠伸発作 欠神発作
300 「か」の列 顆粒空砲変性 顆粒空胞変性
301 「け」の列 痙性脊髄麻酔 痙性脊髄麻痺

第1版第2刷 正誤表

項目
63 図55 真横から見たところ 皮殻 被殻
69 左段6行目 →動的な調節の障害不随意運動 →動的な調節の障害
不随意運動
73 小舞踏病 弱年者に多く、 若年者に多く、
87 眼瞼下垂の原因 Sturge-Weber症候群 Weber症候群
90 動眼神経障害の原因 Sturge-Weber症候群 Weber症候群
114 図111 Sturge-Weber症候群 Weber症候群
115 中脳の障害 Sturge-Weber症候群 Weber症候群
148 2. PET 自然界には存在しないがサイクロトンという… 自然界には存在しないがサイクロトロンという…
230 ALSは上下が逆? ALSの症状は以外と複雑です。 ALSの症状は意外と複雑です。
301 く行 群性萎縮 159 群性萎縮 160
302 さ行 サイクロトン サイクロトロン
314 S行 Sturge-Weber症候群 87、90、112、114 削除
302 W行 Weber試験とWeil病の間に「Weber症候群 87、90、112、114」を挿入

2013年3月4日現在

第1版第3刷

項目
38 表3 long dulation long duration
238 g. 検査
1)脳脊髄液所見
それぞれだいたい150/3および100mg以下におさまります。 それぞれだいたい150/mm3および100mg以下におさまります。

PAGETOP
Copyright © "医学教育出版社" All Rights Reserved.