医学生・医療従事者向けに刊行物を出版しています。『KOKUTAI FREE』やコンパクトナビシリーズ、『解剖トレーニングノート』などを発行しています。
正誤表

第95回医師国家試験復元問題解説

第1刷 正誤表

問題番号 問題番号
11 A42 選択肢(3) CPR CRP
23 A103 問題文に追加 a(1),(2) b(1),(5) c(2),(3) d(3),(4) e(4),(5)
38 B46 選択肢(2) 間質湿潤 間質浸潤
73 D19 選択肢(2) 房室弁閉鎖症候群 房室弁閉鎖不全症
75 D27 選択肢(2) HBs抗体 HBs抗原
124 G4 選択肢c 感精鈍麻 感情鈍麻
125 G7 選択肢d Starge-Weber症候群 Sturge-Weber症候群
125 G8 選択肢e クラジミア クラミジア
135 G37 問題文に追加 a(1),(2) b(1),(5) c(2),(3) d(3),(4) e(4),(5)
158 I7 問題文に追加 a(1),(2) b(1),(5) c(2),(3) d(3),(4) e(4),(5)

※上記の訂正は解説編の問題文においても同様です。

解説

問題番号 問題番号
XV C問題 欄外 ※:不適切問題、p.187参照 ※:不適切問題、p.87参照
19 A47 ポイント3行目、表中、13行目、選択肢c 免役グロブリン 免疫グロブリン
55 B9 選択肢e 遺伝性はない 遺伝性は明らかにされていない
58 B19 問題文の選択肢b 好酸が球上昇 好酸球が上昇
118 C39 選択肢(4) 血漿膠質滲透圧 血漿膠質浸透圧
169 D38 鑑別診断1行目、最終診断 嚢胞腎 腎嚢胞
170 D39 鑑別診断5、7行目 osteoblastic osteoplastic
285 G39 鑑別診断1行目 frozen pelius frozen pelvis
325 H29 正解 d,e b,d
325 H30 正解 a,b b,d
326 H29 解説 選択肢b b× 糖尿病は本来、多尿が特徴であり、利尿薬を使用する意味はない。 b○ この段階ではまだ利尿薬投与で対応する。
326 H29 解説 選択肢e e○ 食塩制限でネフローゼ状態が改善せず、血液透析による腎不全進行の阻止が求められる。 e× クレアチニンが1.6で、高度の浮腫ではないので、まだ血液透析の適応ではない。
326 H30 解説 選択肢a a× ネフローゼ症候群と腎不全は必ずしも平行しない。 a○ ネフローゼ症候群の発症は腎障害の進行を意味することが多い。
326 H30 解説 選択肢d d○ 細小動脈硬化による腎血流の障害により、腎萎縮が進行しやすい。 d× この段階では腎臓はまだ腫大していると思われる(萎縮するのは末期)。
336 I23 ポイント表中 1CG R15 ICG R15
354 D問題 2 テーマ 週期産児 過期産児
357 I問題 48、49 ガイドライン 各XI 各XII
357 I問題 50 ガイドライン 各XI 各XIII

2007年1月12日現在

PAGETOP
Copyright © "医学教育出版社" All Rights Reserved.