医学生・医療従事者向けに刊行物を出版しています。『KOKUTAI FREE』やコンパクトナビシリーズ、『解剖トレーニングノート』などを発行しています。
書籍

【電子版】アトミックアウェイクニングー原子力のあけぼのー

著者 ジェームズ・マハフィー 原著 百島祐貴 訳 林﨑規託 監訳
販売希望価格 1,500円
ISBN 978-4-87163-488-5
タイプ 電子書籍限定(10月31日販売)
目次 序文 内輪のジョーク
序章 ファンタジーの中のパラドックス
第1部 ファンタジー
1-1 見えない魔物
1-2 残されたいくつかの問題
1-3 アインシュタインの爆弾
1-4 宇宙の反対側ー相対性理論と量子力学
1-5 原子核の秘密
第2部 パズル
2-1 天才の偶発的集積
2-2 ドイツ帝国の脅威
2-3 闇の中の衝撃
2-4 トンネルの入口の光
2-5 戦後の計画
第3部 パラドックス
3-1 原子力レース
3-2 運河掘削,癌治療,そして木星へ
3-3 黒鉛炉が火事だ!
3-4 原子力ロケット・原子力飛行機
3-5 建設ラッシュ,挫折,そして再起へ
エピローグ 放射能公園
参考資料1 元素周期表
参考資料2 本書に登場する同位元素
参考資料3 年表
内容・詳細
原子力に未来はあるのか?原子力と人類の未来を考察する三部作の第一弾!
原子の発見からマンハッタン計画、そして原子力発電へ。原子核物理学の誕生と発展、挫折と再起のものがたり

米国原子力分野の第一人者である原著者の処女作であり、アトミックトリロジー(三部作)の第一弾となる本書では、原子論の発展に始まり、電磁気、放射線の発見を経て、核分裂、原子爆弾、原子力発電に至る原子核物理学・原子力技術の歴史が分かりやすく解説されている。原書は2009年に刊行されており、福島第一原発事故を経てからの未来考察は続編の『アトミックアクシデント』(発売中)を参考にしてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
訳者序文より(一部抜粋)
科学技術の歴史は,基礎的な理論の発展に始まり,その応用技術が開花し,社会の発展に貢献する……という流れが基本であろう.電磁気学然り,医学然り.しかしこと原子核物理学についてはそうではなかった.著者は本書を3部に分け,それぞれ時代順に原子核物理学がまだ実態のわからない魔法のようだったファンタジーの時代,天才科学者たちが競ってその答えを求めて研究したパズルの時代,そして戦後の迷走をパラドックスの時代と表現している.この先,原子力はどうなるのだろうか.1世紀にわたる先人の努力も虚しくこのまま歴史遺産となってしまうのだろうか,それとも不死鳥のごとく今一度再起してくるのだろうか.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
販売ストア Kindleストア、iBooks Store、紀伊國屋書店、楽天Kobo など各ストアで10月31日発売!
書籍カテゴリ , , , ,

PAGETOP
Copyright © "医学教育出版社" All Rights Reserved.